トップページ > 会館・資料館運営|住吉歴史資料館 <展示室>

住吉歴史資料館

再発見!菟原住吉、昔を未来へ。
開館の目的は、「住吉に住む人々が郷土を理解し、それを子供達に伝え、子供達も郷土に誇りを持ち、ずっと住み続けたいと思うような町にしたい。住吉歴史資料館は文化・歴史的な面からそれをお手伝いする。」事です。
そのため、以下を行います。
1.本住吉神社横田宮司家に伝わる古文書の整理。関係文書、記念物、言い伝えの収集。
2.展示物のメンテ。展示室、座敷を使用しての各種展示の企画。
3.やさしい、楽しいイベントを企画して、みんなの地域への理解を深める。
4.「住吉歴史資料館だより」を通じての広報。成果の発表。

■資料館の開館日は毎週木曜日の午前中です。
また、別途、日曜日は展示室を開館しています。(世話人会の委員の方がお世話)

■入館無料

■資料室の座敷では年に数回お茶会が「菟原茶華道会」主宰で開催されます。

住所:〒658-0053 兵庫県神戸市東灘区住吉宮町7丁目1-2
 
地元小中学校を招いてのお茶会
 
展示室

「住吉歴史資料館だより」を発刊しています

財団概要

財団概要

豊かな地域社会の実現を目指して IN SUMIYOSHI
詳しくはこちら

事業紹介

事業紹介

地域の文化及び地域活性化の活動、地域福祉活動など、様々な事業を行っています。
詳しくはこちら

奨学金制度

奨学金制度

一般財団法人住吉学園独自の給付型奨学金です。
詳しくはこちら